サブメニュー

大きな金額を借りるなら銀行で決まり

カードローンの利用を考えるなら消費者金融と思われがちですが、選択肢は必ずしも消費者金融だけとなるわけではありません。消費者金融はたしかに審査基準や早さ、手軽さの面で優れているためにカードローンの利用先としても優秀ですが、全てにおいて消費者金融のカードローンが優れているわけでもないのです。

 

特に気をつけるべきは、大きなまとまった金額での借り入れを考えている場合です。まとまった金額を借りる際には消費者金融のカードローンでは物足りない場合もあり、基本的に少額の融資に留まる消費者金融では大きな金額を借りることは難しくなります。

 

数万円や数十万円程度までの金額なら、安定した収入としっかりとした信用情報があれば消費者金融の大手サービスで最短即日のカードローン利用も可能となりますが、100万円を超えるような金額などのまとまった金額を希望する場合には、消費者金融は適する借り入れ先とは言えなくなってくるのです。

 

やはり大きな金額を借りるとなると、金利面でも優れている銀行カードローンが良いとされており、返済の負担も抑えられるためにまとまった金額を借りるに向くのも当然です。銀行だからと言って余計な手続きが必要になることもなく、早い審査や融資対応の銀行カードローンであれば申し込み当日の最短即日融資での利用も可能となります。

 

早さの面で消費者金融と大きく変わらず、それでいて金利が低いとなれば銀行カードローンでの借り入れを優先して考えておくべきでもあるので、基本的な注意点だけはしっかりと見ておき、慎重に申し込みを進めてみると良いでしょう。

 

優れる条件も審査が厳しい

金利や限度額、信頼性の面などで優れている銀行のカードローンは、借りられれば消費者金融よりも優れた条件とはなりますが、そもそもの借りるまでのハードルの高さが問題となります。条件に優れる分だけ審査基準が消費者金融よりも厳しくなっているので、申し込み者の状況によっては借りられない場合も多くなってしまうのです。

 

特に気をつけるべきはアルバイトやパートの方となり、アルバイトで安定した収入を得ているとしても金額が大きくない場合には、低金利の銀行カードローン審査には通らない場合が多くなります。アルバイトの方の利用先は消費者金融が多く、無謀な銀行への申し込みは避けておくべきなのです。

 

申し込みをしてみないと審査に通るか分からないカードローンは、審査に落ちるのが当然、それでも通ればラッキーと考えて手当たり次第に申し込みを進めてしまう方がいます。たしかに審査を受けてみないと分からないのですが、審査を受けることによって信用情報機関に履歴が残るため、次に申し込みを行うカードローン審査では履歴が不利に働く場合があります。

 

基本的に申し込みの履歴は多ければ多いほど審査に与える悪影響が強くなるので、金利云々以前にカードローンの利用を最優先として考えるのであれば、余計な通りもしないところへの申し込みは控えておくべきなのです。

 

 

借りられるならメガバンクが頼れる

あくまで借りられるならの前提条件がつきますが、利用ができるのであればメガバンクのカードローンは優れた条件となっているために頼れます。地方銀行のように営業エリアを気にすることなく日本全国で申し込みが行えるので、どこからでも手続きができる点も魅力です。

 

口座が無くても、今まで取引が無くてもカードローンの申し込みは可能で、申し込み後の契約までの間には口座開設が必要となるカードローンはありますが、それでも手続きを開始する時点では口座不要となるのは助かります。メガバンクの口座であればたとえ開設したとしても便利であるため、その部分で考えてもやはり優れていると言えます。

 

肝心のカードローン利用における条件にも注目で、金利や限度額、契約後の利用においても不満となるような部分はありません。消費者金融と比べても低くなる金利、大きくなる限度額、そして借り入れ先によっては提携ATMでのカード利用手数料が終日無料となるために余計な費用をかけずにカードローンの利用が行えます。

 

困ったときに素早く借りられるようにもなっており、メガバンク三井住友銀行の三井住友銀行カードローンの初回融資はネット申し込みとローン契約機の利用で土日も最短即日利用も可能と早さの面でも消費者金融に劣っていません。

 

その代わりに上にも挙げたように審査基準が厳しくなっていますが、借りられる基準を満たせる方であれば三井住友銀行をはじめとする早い手続きのメガバンクのカードローンは頼れる借り入れ先となります。

 

銀行なら借り換えにも適している

低金利で借りられる銀行のカードローンは、通常の借り入れの他に借り換え先としての需要もあります。高い金利で借りている方の借り換え先として銀行カードローンを選んでおけば、低金利で借りられるようになるために今後の返済負担が軽くなります。

 

余裕のある返済で完済を目指して毎月の支払いが進められ、金利が下がることによる最終的な支払い総額の縮小にも期待が持てるために有効な借り方となります。

 

ただ、借り換えを利用する際には注意をしておきたい部分があります。一つが返済の期間、もう一つが毎月の返済金額です。返済の期間が借り換え前よりも長くなると一回あたりの返済金額が少ないとしても最終的な支払い総額が増えてしまい、余計な負担が増えます。また、返済の期間が長くないとしても毎月の返済金額が高くなっていると、やはり負担が大きくなります。

 

それぞれのバランスをしっかりと見て借り換え先を選ぶ必要があるので、借り換えに人気の高いオリックス銀行カードローンへの借り換えを考えるなど、適するカードローンへの乗換えを前向きに検討してみると良いでしょう。